低収入でも貯金する方法やコツ|節約してやりくりして住宅を購入

低収入でも貯金する方法やコツ

低収入でも貯金する方法やコツはあります。
実際、低収入でも高収入の人以上にしっかりと貯金している人はいくらでもいるというか、ほんの一握りの極めて高収入の人を別にすると、なまじっかある程度の高収入があるために心が大きくなったり世間体としても見栄を張らざるを得なくなったりして、稼いだ分以上に散財してしまい、いつもお金に困っているという人は決して珍しくないのです。

そういう意味では、低収入は決してマイナスではなく、ましてや悪いことでは決してありません。
身の丈にあった生活をすることがしっかりと身に着いているということで、ある程度の方法やコツさえ掴めば、お金の貯まる素地、素養はむしろ大きいとさえ言えるのです。
ですから、まずは心を前向きに持ちましょう。

具体的な方法やコツですが、収入のうち一定額は予め天引きなどで貯金してしまい、初めからないものと思ってしまうことが一つです。
人間、本当に身の丈というか慣れというのは大きいものです。
初めからなければ、自然とその範囲で生活しようとするのが人間です。

逆もまた然りです。
あればあっただけ使うのもまた人間なのです。

もう一つ、あまりにも節約を意識しすぎないことです。
あまりにも節約を意識しすぎると、心が小さく、卑屈になってしまいます。
それは良くありません。

低収入でも節約するなどやりくりをするコツ

低収入な人の場合、なんとか節約するなどして上手に家計をやりくりしていく必要があります。
まずは大きな部分として固定費に無駄がないかを点検しましょう。

独身なのに営業トークに乗せられて高額な保険料を支払っていたり、スマホの料金プランが自分に合ったものでなかったりしないでしょうか。
まずはこうした大きな支出の見直しをすると意外に節約できて家計に余裕ができるかもしれません。

そして低収入な方がやりくりしていくために節約より大切なのが収入を増やすということです。
節約には限界がありますから、副業などを検討してもいいでしょう。
最近ではインターネットを使って自宅で隙間時間などを有効活用しながら行える副業というのがいろいろあります。

低収入から少しでも脱出を図るということが家計のやりくりを楽にしてくれます。
無理な節約で食費を削るなどして体調を崩しては元も子もありませんから、逆転の発想でトライしてみましょう。

また、ポイントサイトなどを使ってインターネットショッピングをする、できるだけ現金でなくクレジットカードで買い物をしてポイントを貯めるなどすると、意外にお得にお買い物ができることもありますので、こうした買い物の仕方を見直すのもいいかもしれません。

低収入でも家の購入のための住宅ローンが組める方法

住宅ローンを組むためには、年収が400万円以上はないと難しいという意見もありますが、年収300万円台でも審査に通ることはあります。
そもそも、低収入というのが年収いくらくらいを指すのかという定義はあいまいです。

年収300万円以下の人は、低収入に分類されることはあるでしょう。
国の給付金などを受け取るための基準はもっと低いですが、ここでは年収300万円以下の人を低収入と考えてみます。

家の購入をするときに、一括で支払ってしまえるのならば、無職の人でも家が購入できます。
問題は、住宅ローンを組んで家を購入する場合です。

3000万円の家を購入するときに、1500万円の頭金を用意して、1500万円のローンを組むのなら、低収入の人でも審査に通る可能性はそれなりに高いでしょう。
頭金をたくさん用意するほど、審査通過の確率は上がります。

配偶者にも収入があるという人は、ペアローンや収入合算という制度を利用して、住宅ローンを組むのがよいかもしれません。
もちろん、配偶者の収入をあてにすることは、妻が子育てで仕事を辞めたときなどにリスクがあります。

結論として、低収入の人でも住宅ローンは組めますが、頭金を多めに用意するなど、リスク対策をしておくことが重要です。

参考になるサイト

低収入でも貯金する方法やコツはあるのですが、もし、あなたが借金苦の状態なのならば、その方法も使えません。
まずは、借金苦から抜け出す行動を始める必要があります。

今の日本は、社会的には民主主義社会であり、経済的には市場主義社会の制度をとっています。
これに対して、ベーシックインカムという制度の構想が、世界にはあります。
ベーシックインカムの意味とは、政府がすべての国民に対して、あらかじめ生活をするのに必要最低限のお金を無条件で定期的に支払うという構想です。

一見無茶苦茶な制度に感じるかもしれませんが、実はほとんどの批判に耐えられる政策でもあるのです。
でも、ベーシックインカムを実際に導入したとしても、借金苦になる人はいるんです。
そのような人の問題点に気づいて、借金苦などにならないようにする必要があります。

そのために参考になるサイトはこちらです。

参考になるサイト
ベーシックインカムの意味